日本肺がん患者連絡会は
西日本がん研究機構(WJOG)と協力し、患者発案の「医師主導治験」を
進めます。
みなさん、力を貸してください

効果があるかもしれない・・・そんな薬があるにもかかわらず、使用できない。その状況を打破するため、WJOGに相談、協力を得て、ある肺がんの薬剤に対しての医師主導治験を計画。あと一歩のところに来ました。製薬会社との契約前のため、薬剤名をお伝えすることはできません。ですが、今、お伝え出来る限りの事実を伝え、ご協力を仰ぐ必要が出てきました。契約前に資金が必要になったからです。

▼現在の進捗状況(治験の進み方)

治験デザイン概要作成(済)

事前面談 (済)

※PMDAにて11月19日行った。 PMDAとは、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構のことで、薬の承認審査を行っている。

治験実施計画書作成→現在ココ!

対面助言  

※治験デザインに関して、PMDAより助言をもらう。その費用として478万円必要となります。2月に申し込むと、5月ころ対面助言となります。リンク先の8番の表をご覧ください。★ここをCLICK★

治験実施計画書 完成

製薬会社との契約  ※治験実施に関わる資金提供や承認申請に関して。

医師主導治験準備(実施体制の構築)

↓ 

医師主導治験スタート

結果

良好な結果であれば、PMDAに承認申請

審議され、保険適応かどうかの判断が下される

ふるさと納税に関する疑問はこちらでお答えしますね

​ふるさと納税には色々なサイトがありますが、

ワンステップへのふるさと納税はよこはま夢ファンドからお願いします

肺がんの市民公開講座

パールリボンキャラバン2019 in 横浜

12月14日(土)開催決定

詳しくはこちらを★CLICK★

特定非営利活動法人 肺がん患者の会ワンステップ

toiawase@lung-onestep.jp

oncoro.jpg

掲載されている医療情報は一般論であり
すべての個人に適応できるものとは限りません
Copyright © 2015 onestep, all right reserved.